とりあえずとりあえずでとりあえずな感じの仮ブログ。 綾鷹の中の人が自分のPCをもつまでという期限付きで活動。 ってか基本それまでこっちが本家。 ゆっくりしていってね!
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:19:27
 前回の予告通り。やっちゃうぜ。



 ☆あらすじ

 私立桜が丘高校に入学した1年生の平沢唯は新しいことを始めようとするが何も思いつかず、2週間もの間部活の入部届けを書けずに日々を過ごしていた。
同じく1年生の田井中律は幼馴染で一緒に入学した秋山澪と共に軽音楽部の見学に行こうとするが、部員が前年度末に全員卒業してしまったため、4月中に新入部員が4人集まらなければ廃部になると聞かされる。合唱部の見学に来るつもりで間違えて軽音楽部に来てしまった1年生の琴吹紬は、律と澪の掛け合いを聞いているうちに彼女達が気に入り、入部することに同意する。3人は部の存続のため、あと1人を入部させるべく勧誘活動を開始した。
そんな時、軽音楽部の存在を知った唯は「軽い音楽って書くから、簡単なことしかやらない」と思い入部届けを出してしまう。本来の活動内容を知って自分にはバンドはできないと思い、入部を取り消してもらおうと部室に訪れた唯だったが、3人の演奏を聴いて心を動かされ正式に入部した。
こうして集まった4人は唯の楽器購入を手始めに、練習・合宿・学園祭とゼロからの音楽活動を行っていく。



 ☆舞台

 アニメ版では京都府京都市を舞台のモデルとしており、左京区修学院地区周辺が多々描かれている。また、桜が丘高校の校舎は滋賀県犬上郡豊郷町の豊郷町立豊郷小学校旧校舎がモデルとなっているほか、ア二メ第2・11話に登場するレコード・楽器店「10GIA」はJEUGIA三条本店がモデルとなっている。


 
 ☆登場人物

 登場人物の名前は軽音部員の姓が音楽グループのP-MODELのメンバー、他の登場人物の姓がthe pillowsのメンバーにちなんだものになっていることが指摘されており、ファンの間で話題となった。

軽音楽部員

作中では音楽に関する言及が少なく、登場人物達の音楽性も嗜好ジャンルも詳細は不明。ただしアニメ版BD封入特典、キャラクター・プロフィールカードで一部キャラにおいて嗜好ジャンルなどが触れられている例がある。

平沢 唯(ひらさわ ゆい) 声 - 豊崎愛生

桜が丘高校1年3組、原作第2巻より2年2組、3巻より3年2組。リードギター担当。11月27日生まれ(射手座)、身長156cm、体重50kg、血液型はO型。おっちょこちょいな天然ドジっ娘。
軽音楽部に入部するまでは楽譜も読めず、楽器もカスタネット[注 7]しか経験したことがないという音楽初心者だった。現在に至っても音楽の専門用語・ギターコードなどについては詳しくない。 一方で、チューニング・メーターを使わずにチューニングを行うという特技を持つことから「絶対音感がある」とも言われている。梓曰く「すごいのかすごくないのかわからない人」。
天才肌で「やればできる子」なのだが、やる気を1度に1つのことにしか発揮出来ないため、「勉強の息抜きでギターの練習を始めたらそちらへ意識が行き、勉強が捗らなかった」ということが多く、定期テストなど学業面の成績は芳しくない[注 8]上に、中学の頃からテスト勉強などは殆どやったことがない。反対に、1つの物事へ真剣に取り組めば、めざましい成果をあげるほどの熱意も併せ持つ。作中で練習の様子があまり描写されないが、憂曰く「ギターを買ってから毎日練習している」らしく、1年の学園祭時にはさわ子の指導の下 声が嗄れるほどの猛特訓に取り組んだこともあり、練習嫌いの怠け者というわけではない。また、暑いのも寒いのも苦手なことに加えクーラーも苦手なので、夏場に何もないときは家で寝転がっている。妹思いで、寒がってる憂にマフラーを一緒に巻いてあげるなど優しい一面も持っている。
太りにくい体質らしく、本人曰く「いくら食べても太らない」そうである。
ギターは、ギブソン・レスポール・スタンダード(ヘリテージ・チェリー・サンバースト)を使用。選んだ理由は「形や色がかわいい」ためで、「ギー太」と名付けているほか、服を着せたり添い寝をしたりといった描写なども見られる。尚このモデルを忠実に再現した初心者用のギターが商品化され、現在TBS ishopで販売が行われている。
公演時にはボーカルを兼ねるが、演奏に気を取られて歌詞や歌うこと自体を忘れてしまうこともある。アニメではオープニング主題歌『Cagayake!GIRLS』のボーカルを担当。また、アニメ最終回では「ふわふわ時間」を初めて歌唱した。梓や憂と比べて辛辣な評価を受けることが多いギター演奏とは打って変わり、歌唱力については後輩の純からも高い評価を受けている。また学園祭のライブではMCも担当した。
父親(声 - 北沢力)、母親(声 - 夏樹リオ)、妹・憂との4人家族だが、両親は夫婦旅行など(父親が海外勤務の多い商社マンで、その父親の世話のために母親も海外へ赴くことがある)で家を空けることが多い「今でもラブラブ」な夫婦である。
アニメでは部屋着として「オーシャン」や「ハネムーン」など、独特なロゴが入ったTシャツを着用している。なお、このTシャツは後に商品化され、現在TBS ishopで販売が行われている。

秋山 澪(あきやま みお) 声 - 日笠陽子

桜が丘高校1年2組、原作第2巻より2年1組、3巻より3年2組。ベース担当。左利き。1月15日生まれ(山羊座)、身長160cm、体重54kg、血液型はA型。長身・黒のロングヘアースタイルが特徴的。
大人びたルックスや姐御口調(律のすすめで身につけた)とは裏腹に人見知りが激しく寂しがり屋。しっかり者かつ繊細な性格が災いしてか、事ある毎に貧乏クジを引かされている。また、痛い話題や怖い話題を苦手としている。成績は優秀で教えるのも得意。プロポーションも部内一だがそれを理由に律に(アニメ版は唯も)八つ当たりされたことも。
律の幼馴染兼ツッコミ役で、彼女の悪ふざけに対して、拳骨で制裁することもある。当初文芸部への入部を希望していたが、彼女に強引に軽音楽部に連れて行かれ、入部することになった。部長である律に代わってリーダーシップを発揮することもあり、梓から尊敬の眼差しを受ける要因の1つになっている。
ベースはレフティ(左利き用)モデルのフェンダー・ジャズベース(3トーン・サンバースト)を使用。唯により「エリザベス」と名付けられた(由来は「ベース」にちなんだもの)。自身の利き手に若干のコンプレックスを感じていることから、楽器店に展示されているレフティモデルや同じ左利きの楽器奏者に対して過剰な反応を見せることがある。
アニメのオープニングではフィンガーピッキングによる演奏が描かれているが、原作およびアニメ本編ではピック奏法で弾くことも多い。ベースの腕に関しては、梓や純からはかなり高く評価されている。部員の中で最も指が長いが、本人はそのことを気にしている。チョーキングなどの専門用語もよく知っており、アニメ版ではジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックといった有名ギタリストの名前をすらすら挙げるなど、音楽的教養も深い。
1年生の学園祭での公演後にファンクラブが設立されるほどの人気を集める。元来恥ずかしがり屋ということもあり、人気には複雑な感情を抱きつつも、ファンクラブ会員番号1番である一学年上の先輩の為に、唯の後押しも有り即席ライブを行うなど、自分を応援してくれる人に対してはまんざらでも無い様子である。
「ふわふわタイム」「カレーのちライス」「わたしの恋はホッチキス」「ふでペン ~ボールペン~」など、曲名や歌詞において独特のセンスを持つ。ボーカルは目立つので嫌なのだが、歌詞を忘れがちな唯に代わってボーカルを兼ねる場合がある。律曰く、彼女のボーカルは評判が良いという。アニメではエンディング主題歌『Don't say "lazy"』や劇中歌『ふわふわ時間』『ふでペン ~ボールペン~』のボーカルを担当。
アニメではカメラを持ち歩き、折にふれて風景や部員の様子を撮っている。
2009年度の結婚したいアニメキャラランキング1位を獲得した。

田井中 律(たいなか りつ) 声 - 佐藤聡美

桜が丘高校1年2組、原作第2巻より2年2組、3巻より3年2組。8月21日生まれ(獅子座)、身長154cm、体重48kg、血液型はB型。軽音楽部の部長を務めている。愛称は「りっちゃん」。ショートカットにカチューシャをしているのが特徴。
社交的な性格だがストレートかつ大雑把で、「指でちまちまする」ような細かい楽器が苦手という理由からドラムを担当する。ドラムの腕に関しては、活きが良くパワフルとのことだが、「走り気味」と評されることも多く、同じリズム隊である澪としてはリズムをキープするのが大変だと語っている。その反面、周りへの気配りが上手で、部内の空気が重くなると明るく盛り上げたり、和らげるのを得意としている。
特技はナレーション喋り、チョークスリーパー、声真似。よく部活動に必要な届出を忘れては、澪や和に叱られている。
澪とは小さいころからの幼馴染で(原作第三巻に収録された読み切りマンガで、二人の小学生時代のエピソードが披露されている)、彼女をからかっては怒られているほか、澪(や紬)を頼って勉強をすることが多い。唯とは気が合い、共に羽目を外し過ぎて、澪によく突っ込まれたりする。しかし、学園祭での初公演ではボーカルの役目を果たし終えた澪の姿を見て安心している場面もあることから、彼女の繊細な性格を多少心配しているようである。またその際に、澪の緊張を解そうとしてわざとふざけるなどの、部員を励ます部長らしい一面も見せる。
1年次の合宿の際、澪の水着を見て八つ当たりをしたことから胸が小さいのを気にしてる模様(同時に梓のことも同様の理由でからかう場面が見られる)。
髪の色は唯とほとんど変わらず、前髪を下ろすと区別がつきにくくなるため、公式サイトでは注意書きが記載された。
ドラムセットはヤマハ・ヒップギグ(メローイエロー)を、シンバル/ハイハットはジルジャン社製のものを使用。バスドラムはワン・バス。

琴吹 紬(ことぶき つむぎ) 声 - 寿美菜子

桜が丘高校1年2組、原作第2巻より2年2組、3巻より3年2組。キーボード担当。愛称は「ムギちゃん」。7月2日生まれ(蟹座)、身長157cm、体重53kg、血液型はO型。
家に執事がおり、各地に別荘を所有する大企業の社長令嬢だが、他の部員に対して自分の家柄を鼻に掛けることはない。アニメでは「普通」というのに憧れをもっている描写が追加されており、その例としてハンバーガー店でアルバイトをするなどがある。唯が「ギー太」を購入したレコード・楽器店「10GIA」も系列会社のひとつで、とある無茶を店員に要求したりしている。
性格は基本的におっとりとして温厚だが、たまに激しく怒ったり無言で威圧したりすることがあり、遭遇した者を震え上がらせている(アニメ版ではそのような面は描かれていない)。百合属性やMの気がある。他にも乙女電波を受信したり、梓の心を読んだりと、常人離れしたところがある。
入学当初は合唱部に入るつもりだったが、澪と律の勧誘もあって軽音楽部に入部した。4歳の頃からピアノを習っていてコンクールでの受賞歴もあり、キーボードは上手である。また、アニメ版では軽音部オリジナル楽曲は紬が作曲したという設定になっており、キーボードに限らず総合的な音楽的教養が深いことが伺える。部活の時間をティータイム化した根源とも言える存在で、部室にティーセットとお菓子を持ちこみ、部員や来客に振る舞っている。部内では他のメンバーのやり取りを一歩引いた位置から見守りつつ、紬自身も楽しんでいるようなポジションに身を置いており、自分の意志を前面に出すことは少ないが、多数決などで意志を表明する際は唯、律の「遊びたい派」の意見へ賛同することが多い。
上品な外見に似合わず力が強く、唯が思わず取り落としそうになるほど重いアンプも軽々と運んでいる(アニメ版では食材の買い出しの際、1人だけ唯と梓の3倍の荷物を持っていた)。その他関西弁も完璧に話せる。
キーボードはコルグ・TRITON Extreme(76鍵盤モデル)を使用。エンディングアニメーションではショルダーキーボードのコルグ・RK-100を使用している。
原作単行本カバー下の表紙に掲載されているおまけ漫画では、彼女の太く特徴的な眉毛が実は沢庵であるという設定のもと、シュールなギャグを展開している。また、アニメ第2話では彼女の父親も同様の眉毛であることを示す描写が見られた。第12話冒頭や「うらおん!~唯が気になるシリーズ~」でも同様の眉毛が沢庵のコント描写が見られる。

中野 梓(なかの あずさ) 声 - 竹達彩奈

桜が丘高校1年2組、軽音楽部の新入部員。原作では第2巻、アニメでは第8話より登場。リズムギター担当。11月11日生まれ(蠍座)、身長150cm、体重46kg、血液型はAB型。
唯達の1学年下で憂とは同じ学級。小柄な体格で黒髪ツインテールが特徴。唯がつけた愛称は「あずにゃん」。
両親がジャズバンドをやっていた影響で小学校4年生の時からギターを学んでいるため、演奏技術は唯より優れており、専門知識にも詳しい。当初は唯の演奏に憧れて入部したが、次第に澪のことを慕うようになる。唯が不在のときはリードギターを担当することもある。
生真面目な性格から、最初は部内の緩んだ雰囲気を快く思っていなかった。可愛いもの好きの唯からはスキンシップを求められ、さわ子からはコスプレ衣装を着せられるのが日常だが、それを迷惑がりつつも次第に順応していき、アニメ版での「学園祭に唯が出演できないなら部全体が出演辞退した方がマシ」という発言や、梓2年次の新入生勧誘活動時、部員が集まらないことに対して「5人の結束が固く見え外からは入りづらい」と指摘されると新歓活動をあっさり切り上げるなど、唯たちに勝るとも劣らない軽音部への愛着を見せるようになる。憂とも非常に仲が良いものの、唯に対する感覚の違いなどでギャップを感じることも多い。
ギターはフェンダー・ムスタングを使用。本人はムスタングを使用する理由について、「手が小さいので、ネックが細いものを選んだ」としている。アニメではペグを樹脂ノブからクロームノブに交換している。唯が澪のベースを「エリザベス」と名付けた際、自分のギターをムスタングから「むったん」と考えた。

その他

山中 さわ子(やまなか さわこ) 声 - 真田アサミ

桜が丘高校の音楽教師で吹奏楽部兼軽音楽部の顧問。同校の卒業生であり、在学中は軽音楽部に所属していた。1月31日生まれ(水瓶座)、身長165cm、体重56kg、血液型はB型。3年次では職権乱用し、唯たち全員を同じクラスにし、自身を担任とした。
表向きは生徒などから人気のある美人で物腰の柔らかい教師だが、これは「先生になったらおしとやかなキャラで通す」と決めていたためであり、実際は怠惰かつ不真面目な性格の持ち主。また眼鏡を外すとメタルをやっていた時代の人格に豹変してしまう。たまに教師にあるまじき発言をして軽音楽部メンバーから突っ込みを受けたり、さわ子の在学時から在職していた教師からは軽音楽部メンバーに「こんな先生が顧問でお前達も大変だろう」などと同情気味に言われたりしている。
唯たちから軽音楽部の顧問になるよう頼まれた際、最初はすでに吹奏楽部の顧問をしていることを理由に断ったものの、「在学時、軽音楽部でメタルをやっていた」過去の秘密を握られ、やむなく了承したが、やがて放課後のお菓子とお茶を目的に部室へ入り浸るようになる。
ギターの腕はかなりのもので、速弾き・タッピング・歯ギターなどを軽々とこなすほど。アニメでは最終回『軽音!』において、ギターを家に置き忘れてきてしまった唯の代役として臨時に『ふでペン ~ボールペン~』のサイドギターを担当した。軽音部時代はエピフォンのフライングVを使用していた。原作ではギブソン・SGも使用していた様子で、父親が知り合いから貰った物でそれを譲ってもらったもの(本人は新しいのが欲しかったらしい)。そのギターを律が見つけたが、古いのでかび臭くなっており唯達に売ってそのお金を部費にして良いと言って押しつけた。しかしそのギターは貴重なヴィンテージギターで買い取り価格50万円もする代物だったことが発覚。
趣味は自作のコスプレ衣装を部員に着せること。また、部のバンド名を勝手に「放課後ティータイム」と命名した。
彼氏がいたらしいが、クリスマス前に別れてしまったようである。また、野外ライブに一緒に行くはずだった友人5人に急にドタキャンされたこともあり、プライベートでの交友関係では落ち度が目立つ。その様子を見た律に実は周りから嫌われているのではないかと指摘を受けた。
律に「さわちゃん」という愛称をつけられて以来、軽音楽部ではその呼び名が定着し、やがて他の生徒からもそう呼ばれるようになる。
放課後ティータイムが初参加したライブハウスのマネージャーである川上とは知り合いで、川上からは「キャサリン」と呼ばれている。

真鍋 和(まなべ のどか) 声 - 藤東知夏

桜が丘高校1年3組、原作第2巻より2年1組、3巻より3年2組。唯の幼馴染。12月26日生まれ(山羊座)、身長158cm、体重52kg、血液型はA型。ショートカットと太枠アンダーリムメガネが特徴。1年次より生徒会役員を務めており、3年次は生徒会長になった。
唯の相談にも乗っていたようで、高校で部活動を薦めたのも彼女である。唯が部活動を始めたことに感心しながらも、少し淋しい思いもしているようである。
唯の扱い方に長けており、唯に頼みごとをされても軽くあしらっている。
生徒会役員という立場柄、律が部活の各種届け出を忘れるのをフォローすることも多く、同種の気苦労を抱える澪と意気投合する。

平沢 憂(ひらさわ うい) 声 - 米澤円

唯の1歳年下の妹。2月22日生まれ(魚座)、身長154cm、体重50kg、血液型はO型。だらけがちな姉の唯とは正反対に、真面目で礼儀正しい性格。原作第2巻から桜が丘高校に進学した(学級は1年2組)。
軽音楽部員ではないものの、折に触れて唯たちの活動をサポートしており、風邪を引いた唯に変装し、代わりとして軽音部に参加した際には「数日練習しただけ」でギターを弾きこなし、周りを驚かせた。
好きなことはドジを踏んでしまいがちな姉の面倒を見ること。唯の笑顔に幸せを感じており、姉妹仲は非常に良い。また梓とも仲が良いが、唯に対する考え方の違いで梓にそのギャップを感じさせている。
さわ子曰く、一目見てわかるほど唯とは胸の大きさが違うらしい(アニメ版では憂の方が大きい)。

鈴木 純(すずき じゅん) 声 - 永田依子

憂と同じ中学出身の女友達で、後に憂と一緒に桜が丘高校に進学した。愛称は「純ちゃん」。憂と共に1度は軽音楽部に見学に来ていたが、その際の印象があまり良くなかったのか結局は入部しなかった。
個性の強すぎる軽音部の面々に圧倒され、入部をしないことに決めたことを憂に告げる描写がされている。ところが、学園祭では放課後ティータイムのステージの良さに顔を赤らめて驚く描写もされている。番外編では梓に猫を少し預かってほしいと頼む描写がある。
その後梓や憂の話を聞いてるうちに軽音部が羨ましくなり、唯たちが卒業して梓一人だったら入ろうかと考えていた。

曽我部 恵(そがべ めぐみ) 声 - 児玉明日美

桜が丘高校元生徒会長。澪の熱烈なファンで、1年時、文化祭後に設立された秋山澪ファンクラブの会長でもある。
卒業したら会えなくなると思いつめ、澪をストーキングしたこともある。

斉藤(さいとう) 声 - 丸山詠二

琴吹家に仕えている執事。紬の世話などを担当している模様。

田井中 聡(たいなか さとし) 声 - 伊藤実華

アニメオリジナルキャラクター。律の弟で中学生。姉の律とは軽いどつき合いをする仲と言われるほど、姉弟関係は良好である。

星野 ひとみ(ほしの ひとみ) 声 - 庄子裕衣

アニメオリジナルキャラクター。MAXバーガーの店員であり、同店でアルバイトを始めた紬の先輩にあたる。テレビアニメでは第1話と番外編で登場。番外編でのタイムカードを押す場面で名前を確認できる。紬のミスによって制服と顔にコーラをかけられるが動じることなく、入りたての紬を気づかう心優しい女性である。

マキ 声 - 中尾衣里

アニメオリジナルキャラクター。「ラブ・クライシス」のドラム担当。律と澪の中学の時の友達で、ライブハウスのライブ出演に誘った。
アヤ

声 - 仙台エリ

アニメオリジナルキャラクター。 「ラブ・クライシス」のベース担当。澪の大ファン。
川上さん(かわかみさん)

声 - 中村千絵

アニメオリジナルキャラクター。放課後ティータイムが初参加したライブハウスのマネージャー。さわ子とも知り合いで、さわ子からは「ジャニス」と呼ばれている。



 ☆原作

 芳文社の月刊4コマ漫画誌『まんがタイムきらら』にて2007年5月号から連載を開始。『まんがタイムきららCarat』での数回のゲスト掲載を経て、2008年10月号から隔月連載となった。2009年6月には『まんがタイムきららフォワード』(8月号)にもゲスト掲載された。
本格的なバンド活動の描写よりも、メンバーたちののんびりとした日常を描写することに力点が置かれている。作者のかきふらいは初連載作品として本作を手がけるにあたり、大学時代に経験したバンド活動を作品の題材に選び、主人公・平沢唯を音楽の初心者として設定することで、音楽について詳しくない読者にも読める漫画作品を目指したという。
作中での時間経過が現実とリンクしており、第1話が掲載された『まんがタイムきらら』2007年5月号(同年4月発売)で新入生として登場した部員たちは毎年4月になるたびに進級している。また、作中で行われる季節のイベントも、そのエピソードの掲載時期に則したものになっている。
2009年4月から6月までテレビアニメが放送され、作中に登場する楽器や関連楽曲に注目が集まるなど大きな反響があった。また、第2期の制作も決定されている。



 ☆凜熊的!視点考察


 けいおん!=軽音=音楽系ということもあり、現在では結構有名なアニメになってきてるようです。ハルヒとかとらドラ!とか見てない人でもけいおん!は知っているという人が俺の回りにも結構いたりします。特に吹奏楽部とか音楽系のことをしている人は結構興味深いみたいですね。っつっても俺的にそこまで音楽に関する要素はないような・・・(笑)。

 ストーリーがおもしろいです。らき☆すたのようなゆるゆるした感じにちょっと青春を加えた感じ(?)。原作が4コマなのでショートなネタがいっぱいでなかなか楽しめます。

 それと見逃せないのがやはり劇中歌のクオリティーの高さですね。まぁバンドやってる人達の日常なのであるていど演奏に凝っているのはわかるんですがここまでくると普通に受け入れちゃいますね。というかちょっと高校生でこのレベルは・・・。。とかも思っちゃいますね~(特に澪)。

 基本音楽!ということでキャラソン等も充実しています。あ、そういえばキャラソンのアルバムジャケットで方が御ティータイムメンバーがつけているアクセサリーが販売されるそうですね(澪ならベースのネックレス、律ならシンバルのイヤリングね)。アニメイトで販売されるそうなのでたぶん買う。。。のか?SHINGORUGO君と検討中です(笑)。


 


 ☆そんなわけで見てみよう


 一話 廃部!

 二話 楽器!
 
 三話 特訓!

 四話 合宿!

 五話 顧問!

 六話 学園祭!

 七話 クリスマス!

 八話 新歓!

 九話 新入部員!
 
 十話 また合宿!

 十一話 ピンチ!

 十二話 軽音!

 十三話 冬の日!(番外編)

 十四話 ライブハウス!(TV未放送)



 ※すべて無料でみれるよんっ♪(りっちゃん風)




 ☆そんなこんなで二期ggg


 二期制作決定おめでと~~~~!!ヒャッッッホウウウウウ!!!!

 いや~ここまでこれたのもここにいるミナサンのおかげです!(唯風)

 おまえはなにもしていないっっ!!(澪風)

 っつってもまだ制作決定が決定した(文法おかしい)だけですから情報は薄いですがやはり一期のできからしても期待感高まりますね~~。楽しみですね~~。

 OPとかEDとかも新しくなるでしょうからまた神曲が生み出されるのでしょうか・・・。楽しみだなぁ~~オイ!ニコ動の演奏系はしばらくそればっかになるのかな?楽しみだな~~~(別のこと言え)。



 じゃ、今日はこの辺で!ではまた!

スポンサーサイト


コメント
No title
けいおん良いっすねww

けいおん好きで、
4月からエレキ始めました。
はやくけいおんのコスプレで
演奏したいですよー(^_-)-☆

クーラー@キャサリン│URL│2010/08/15(Sun)22:23:59│ 編集
コメントありがとうございます!
>クーラー@キャサリン様

初見コメありがとうございます!

やっぱりけいおんに影響されて楽器やる人多いですねーw 俺は逆でドラムやり始める→ならこれ見とけと勧められけいおんにハマる
って感じでしたw

演奏動画とか出すんですか?よければ見たいです!

lipton│URL│2010/08/16(Mon)00:50:05│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://ringumakoutya.blog28.fc2.com/tb.php/34-8c9c3364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

lipton

Author:lipton
aiaia.png

[MHFキャラ名] 綾鷹

[活動サーバー] サーバー③

[所属猟団] 現在未所属

[メイン武器] ガンランス、ランス

[趣味] ドラム,モンハン,音楽鑑賞

[スポーツ] テニス!

[Skype] Skype名 blacklipton 表示名 LIPTON (金、土、日のみ)

[管理者コメ] MHFやってます!liptonです。金、土、日しかINできませんがよろしくお願いします。 相互リンク少ないのでできればお願いします。 コメントもたくさん待ってます! ヨロシクです~。

詳細プロフィール

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスカウンター
         オンラインカウンター
liptonのチャット
へーいご自由にどうぞー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メゼポルタカレンダー
LINK
このブログをリンクに追加する
凜熊オススメ金稼ぎ
↓ポイントポータルサイト
↑アフィリエイトサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサー
NINJYA
MHF
ブログランキング
モンハン・攻略ブログ blogram投票ボタン
iTunes Weekly Chart
真・フルみっくすプレーヤー
♪音楽PV♪


presented by Youtube音楽PV

アニメPV&名曲集


presented by アニソン名曲.com

Twitter<ツブヤキ>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。